リベンジ!ネットワークビジネス!!人脈ゼロからの成功法

ネットワークビジネスは人脈ゼロでもダウンができるノウハウで成功!!口コミ、勧誘がうまくいかず、失敗してしまったあなた!!! このノウハウなら友達を一切誘うことなく在宅でノンストレス。インターネットが無限にダウンを集めます!! あなたの夢の資金つくりは20代のうちにゲット!!

記事一覧

【検証結果】アムウェイの勧誘がうまくいかない理由をまとめてみた。

【限定公開】ネットで着実に安定収入を得る方法を教えます!


なぜ勧誘がうまくいかないの?

アムウェイ勧誘うまくいかない・・・

友達を勧誘してもちっともうまくいかないとお悩みのあなた、もうアムウェイは辞めたいとあきらめモードになっていませんか?

うまくいかないのは友達のせいでもアムウェイの評判のせいでもないんですよ。


※長い記事ですので目次を参考に読みたいところからお読みください。



アムウェイの勧誘、なぜうまくいかないのか?


まずはアムウェイの勧誘がうまくいかない理由を勧誘方法から見直していきましょう。

勧誘がうまくいかない理由をつぶしていけばきっと成功するはずですよね!!


アムウェイの勧誘の仕方、勧誘方法に問題はないか?


アムウェイの勧誘の仕方、どんな勧誘方法で誰に(どんな人たちをターゲットに)アムウェイを伝えていますか?

大半の方がまわりの友達に口コミ、と答えるでしょう。


しかし、

「この口コミによる勧誘の仕方が間違っているんじゃないだろうか?」

とはあまり疑問に思ったこともない方も多いはず。


アムウェイの勧誘方法といえば、「友達や知り合いに口コミする」と、アップから教わりますからね。

まずはうまくいかない理由の一つとして、その勧誘方法に問題はないのか、実態を見ていきましょう。


オーソドックスなアムウェイの勧誘方法の実態


勧誘方法の実態ってどんな感じなんだろうか


あなたも経験がおありだと思いますが、まずはオーソドックスなアムウェイの勧誘方法の実態に迫ってみます!

この勧誘方法の裏側にうまくいかない理由があるのでは??


とあるネットワークビジネス企業に僕が勧誘された時のことを振り返りながら、その勧誘方法と勧誘された側の立場の気持ちもお話ししていきますね。


1、友達、知り合いのリストアップをする


アムウェイに参加したら、まず最初に100名以上のリストアップをするようにアップに言われることが多いようですね。

友達、知り合い、家族、親せき、ご近所・・・

最近はSNS(フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、mixiなど)の友達やフォロワーもリストに含む方も多いようです。

リストアップができたら、片っ端から声かけ、アポ取りです。


2、リストアップした友達や知り合いにアポ取りの電話をする


スマホのアドレス帳をあ行から順番に電話する。

これがメインのアポ取り方法だと思います。


しかし、最近は電話をかけるだけではなく、リストアップした友達や知り合いも様々で、いろんな声かけ、アポ取りの方法があるようです。


・LINEの友達にメッセージを送る。

・フェイスブックの友達にメッセンジャーでアプローチ。

・ツイッターもインスタのフォロワーにも個別にメッセージ送信。

・mixiやアメブロは足あとやペタをつけてコミュニケーション。


最近の勧誘方法、その実態はSNSも!


僕もフェイスブックで、無言リクエスト、そしていきなりメッセンジャーで勧誘されたという経験が多々あります。

mixiも見知らぬ人から「どんなお仕事をしてるんですか」とメッセージが届き、返信すると・・・やっぱり勧誘がはじまりました。


「おいおい、いきなりかよ!」と思いましたね。


3、アポ取りができたら、ABC、セミナー動員(いよいよ勧誘本番!)


アポ取りができたら、いよいよ勧誘本番ですね。


僕も過去に経験がありますが、その時は

「久しぶり、ちょっと飯でもどう?」

とネットワークビジネスのことにはまったく触れずに、ただ食事に誘われたから行った、そんな感じでした。(ブラインド勧誘と言って、これは違法です)

行ってみたら、見知らぬ男性と友人。ABCの典型的なパターンでした。


ABCとは?

A=Adviser(アドバイザー) 説明者
B=Bridge(ブリッジ) 紹介者
C=Customer / Client(カスタマー / クライアント) ゲスト

今回の場合は僕がC、友人がB、見知らぬ男性がAですね。

Aさんが説明し、Bさんはそのサポートをしたり相槌をうったりする役です。

Bさんにとって、このABCは、Aさんのセールストークを聞きながら身につける勉強の場でもあります。


一般的にブラインド勧誘(ネットワークビジネスの勧誘をすると言わずに友達を誘う)はうまくいかないパターンの方が多いようです。


久しぶりに友達に会えることを楽しみにしていたのに、行ってみたらABCが始まった。。。なんてなんだか嫌ですよね。


僕も他の企業ではありますが、勧誘された時、実際にそう思いました。

なんで、久しぶりに飯を食って昔話で盛り上がれるのかなと思って来たのに、わけのわからんビジネスの話?

これが目的か!と気づいたときはガッカリでした。


「よかったらセミナーに来なよ」

「もっとすごい人が来るから」


って言われてもピンとこないというのが正直な感想でした。


僕の場合は、このブラインド勧誘の段階できっぱりと断りました。

後から知ったことですが、断り方を間違うと、しつこい勧誘が続くらしいので、きっぱりと断ってよかったです。


4、セミナー参加とアフターでセールス、サインアップ


セミナーは成功者によるサクセスストーリーや、マインドセット、製品の紹介など色々あります。

セミナーは興味がない人が参加すると、宗教っぽいとか、メンバーさんは洗脳されているとか、アムウェイの信者だ、という風に見える方が多いようです。


これは確かにそう見えるかもですが、ジャニーズの熱狂的ファン、エルメスが大好きなセレブ、車はトヨタ、というのとさほど変わりはないと思います。


それだけメンバーさんたちはその企業や製品を信用しているということなので、僕はこれに関してはそんなに悪いことではないと思います。

ネットワークビジネス業界のイメージがよくないから、そういう風に言う人達が多いのでしょう。


セミナーのアフターはセールス、サインアップのためなの?


セミナーが終わったら、軽い食事やカフェでお茶しながら、アフターの懇親会が開催されることが多いです。

アフターは親睦を深めるというよりも、

ぶっちゃけると、セールス、クロージング、サインアップ(契約)の場となっています。


クロージングとは・・・

ビジネスや営業活動において、お客様に商品を買っていただいたり、お客様と契約を結ぶことを言います。

普通の企業の営業マンも使う言葉です。


ここでサインアップしない方には、

勧誘した人(友達や知り合い)から、アフターフォロー、セールスの電話がじゃんじゃんかかってくるようです。

次のセミナーのお誘いとか、製品のサンプルをあげるよとか、わからないことはないかとか、何かと理由をつけて電話がしょっちゅう鳴るはず。。。


そして、少しでも興味を示せばセールスからのクロージングです。


勧誘された側は「しつこい・ウザい」と思う人が多いかもしれませんね。


興味があれば話は聞くでしょうけど、興味がなければ・・・




20代若者向け (2).png




アムウェイの勧誘がしつこいとうまくいかない!?


・・・ということは、アムウェイの勧誘がしつこいとうまくいかない!?

確かにしつこい、ウザいと感じてしまうと、仲が良かった友達でも、


「もうアムウェイの勧誘の話はやめてくれ!」

と言いたくなりますね。


勧誘がしつこいのはイヤだ!


しつこいと言われないようにするには、どんな勧誘をすればいいでしょうか?


「ねずみ講だろ?」と言われたら勧誘する?勧誘しない?


「アムウェイってねずみ講だろ?」と言われたら、もう勧誘しないでおこう・・・

というのはちょっと口コミ営業にしては消極的すぎる気がしますね。


相手がねずみ講だと思ってらっしゃるということは、まだアムウェイビジネスの本質や魅力、可能性に気が付いていないってことです。


ここで勧誘を辞めるのはちょっとまだ早いかなと思います・・・。


怪しい、胡散臭いというイメージを持っていると感じたら・・・


「またそんな怪しいビジネスを・・・」

「アムウェイ(ネットワークビジネス)って胡散臭いよね」


これも逆にチャンスかもしれません。本当の価値に気が付いていないだけです。


悪いイメージはなかなか払拭しにくいものですが、もう少し話を掘り下げてもいい段階でしょう。


悪い評判の原因になるしつこい勧誘例


では、悪い評判の原因になるしつこい勧誘例とは?

・勧誘時にウソの情報を伝える

・相手に不利益になりそうな情報を隠す

・脅迫(契約するまで帰さない)

・虚偽、誇大な説明

これらの合わせ技は悪い評判の原因になります。

相手を思って、お得な情報を伝えているわけではないので、「しつこい、ウザい」勧誘の始まり、発端になりかねません。


例えば、

「頼むから一度だけでも買ってくれ」

「お願い、必ず儲かるから」

「すぐに稼げるから、製品代もすぐに回収できるよ」

「サインしてくれたら帰っていいから」


こういう勧誘はしつこい、ウザい、怪しい、胡散臭いと思われます。

僕も別の企業の勧誘でこのようなお願いをされたことがありますが、そのおかげで随分長い間、ネットワークビジネス業界に対してよくないイメージを持ち続けていました。


アムウェイに友達を勧誘するからうまくいかない


アムウェイに勧誘するのに一番手っ取り早いのが自分の周りにいる友達です。


しかし、僕はこれまでに、

「ネットワークビジネスに友達を50人勧誘したら全員ダウンになったよ」

という話は聞いたことがありません。

50人の友達に勧誘しても、多くて5人くらいダウンができればいいほうでしょう。

おそらく平均は1~2人しかダウンになってくれません。


勧誘した友達と、仲がうまくいかないようになることも多いようです。


よくある失敗談:アムウェイの勧誘で友達をなくす


よくあるアムウェイなどネットワークビジネスの失敗談に、「勧誘で友達をなくす」と聞きます。

アムウェイの勧誘が原因で、

・友達との連絡が途絶えた

・友達関係にひびが入った

・自分の友達同士、仲間内でウワサが広まり、昔ながらの友達をなくす


あんなに仲が良かったのに・・・

友達に嫌われるなんて・・・

あなたはそういうご経験はありませんか?


勧誘で友達をなくすなんて!


アムウェイの勧誘をし続けていると、この「友達をなくす」ことがつらい、しんどいという気持ちを生み出します。

そうすると、どんどんアポ取りも声かけも電話をかける回数が少なくなり、挙句の果てに、電話をするのがイヤになるでしょう。

そして、結果が出ない、うまくいかない、だからもう辞めたい・・・というマイナスな方向へと進んでいってしまいます。


こうなると成功はどんどん遠のき、失敗がみるみるうちに近づいてきます。


アムウェイに友達を勧誘してもうまくいかない理由


なぜアムウェイに友達を勧誘しても、うまくいかないのでしょうか?

友達に口コミしてみたら、

・胡散臭いと思われる

・怪しいビジネスを始めたのか?と言われる

・真剣に伝えようとすればするほど友達をなくす

・友達に嫌われる→やる気をなくす、辞めたい、挫折、あきらめる


アポ取りの段階でケンカになることもしばしば。

ABCやセミナー動員できたとしても、「宗教っぽい、洗脳されてる」と言われる。

頼み込んで、お願いだから!必ず稼げるからと追いかければしつこいと言われる。

義理でダウンになってくれたとしても、「稼げない、儲からない、騙された、詐欺だ」


と余計に友達をなくす原因、友達に嫌われる原因になったりすることも。


友達のしつこい勧誘はイヤだ~


これは友達が悪いわけではなく、ただ単に、友達がアムウェイに興味がない、関心がない場合が多く、興味がないから腑に落ちない、関心がないから参加する気にならないだけなんです。


多くの場合、友達を勧誘するというのは、アムウェイに興味がない人に興味を持たせるというところから始まるんです。


しかもネットワークビジネスに対する偏見、良くないイメージを持っている方が多いので、それを取り払う、ネットワークビジネスの本質を伝えるまでの道のりが長いんです

そうやってアムウェイについて真剣に伝えようとしている間も、悪いイメージが拭いきれず、しつこい、ウザいと思われる場合もあります。


【まとめ】アムウェイの勧誘のやり方を見直そう!


あなたのアムウェイの勧誘のやり方はいかがでしょうか?

勧誘がうまくいかない原因に心当たりはありませんか?

アムウェイビジネスは人から人へと伝えてこそ報酬がいただけるビジネスモデルです。

ですので、当然のことながら
興味がない友達や知り合いを説得するよりも、興味がある人だけにお話しするほうが、アムウェイのこともよりすんなりとスムーズに理解してもらえます。

ネットワークビジネス自体はとても素晴らしい仕組みですし、各企業とも素晴らしい製品を開発しています。


勧誘がうまくいかない一番大きな理由は、興味がない人をすぐに振り向かせようとするからではないでしょうか?


じっくりと信頼関係をはぐくみながら地道に焦らず、少しずつお話しを進めるか、

もしくは、

興味ある人だけを誘う方法、友達に嫌われたり、友達をなくすことがない方法を見つけ出すか・・・



【限定公開】なぜインターネットを使えば着実に安定収入が稼げるのか?





20代若者向け (2).png



◆ あわせて読んでおきたい記事 ◆

>>>20代のうちにしっかりと身につけておきたい!

アキラ兄さんが教える、トップ5%の成功者の考え方!!


>>>ヤンママさんはこちらも必見!(参考リンク)

“主婦の稼ぎ方伝道師”アキラが教える、子育てママにとっておきのアドバイス♪











【ここだけの話】ネットワークビジネストップ5%の成功者の考え方

ネットワークビジネス成功者考え方は儲かってから身につけるものではない!

ネットワークビジネス成功者になりたくない!
まさかそんな人はいないでしょう。

成功者考え方ってネットワークビジネスでうまくいったからそういう考え方ができるようになったのでしょうか?

いいや、僕は違うと思います。

成功者考え方ネットワークビジネスをやると決めたときから積み重ねられていくものです!


※今日の話はとても重要なことですので、各項目を一つ一つじっくりとお時間があるときにお読みください。


下の目次から各項目へとジャンプできますよ♪


ネットワークビジネスの成功確率はホントに低いのか?


成功者の考え方を見ていく前に、ネットワークビジネスはホントに成功確率が低いのかどうかを調べてみました。


成功者とはいったい月収いくら、年収いくらになればそう呼ぶのか、決まりがあるわけではありませんが、一般に敏腕弁護士や、名医と言われる大学病院の先生などでだいたい、年収2000万~3000万円くらいだと言われています。

それと同じレベルと考えるならば、月収200万~300万くらいと考えるのがいいのかもしれません。

MLM業界で年収1000万を越える成功者は、全体の5%とも言われていますが、
他の業界全体の割合と比較しても大差はない感じがしますね。


guts.jpg


ということは、別に成功確率が低いというわけではないと言えます。


口コミや勧誘される時に、

「年収1000万稼げるようになるビジネスだよ」

などと誘われて、


「あぁ~年収1000万円のお金持ちになれるんだ」

と軽い気持ちで参加されると、


逆に、

「ちっとも稼げない、成功者になんてなれないじゃないか!!」


と早々とあきらめてしまわれるのではないでしょうか?


最近では、一般サラリーマンで年収500万だと優秀だと思います。

そう考えるとリクルート活動をそれ以上にがむしゃらにやってこそ年収1000万円にたどりつくということです(一概には言えませんが)。


たかが毎日数件のアポ取りで断られて、

「心が折れました~(><)」

などと言ってみたり、挫折、あきらめているようでは、とうてい成功者にはなれませんね。


心の火.jpg


成功者と呼ばれる方たちも最初は月収0円だったはず。
なのに、成功する人と成功しない人に分かれるのは、やっぱり普段から意識、考え方に差があるのかもしれませんね。


先ほどちょっと触れましたが、では成功者とは反対に、成功しない人の考え方というのは、いったいどんな考え方なのでしょう?


その逆の行動をすればトップ5%のネットワークビジネス成功者に近づけるということなのかも・・・。



ネットワークビジネスで成功しない人はどんな考え方だろうか?


成功しない人、できない人の特徴といえば、まず一番に思い当たることはお金を稼ぐことに対して、考え方がとても短絡的だと思います。

口コミで周りの知り合いを誘うというのは、なかなか大変ですよね。

それは、一般企業の飛び込み営業、訪問販売に似ていると思います。


しかも、それらと基本的に違うのは、MLMという業界全体のイメージが悪く、声かけやアポ取りをしても反応がとても鈍い、無視は当たり前、ヘタをすれば口論やケンカの原因になることもあります。


そうは言っても、あなたは自分の最終的な判断でネットワークビジネスを
「やる」を選び、「成功したい!」という気持ちで参加されたことでしょう。


自分の判断が正しい、絶対に成功してやる!というやる気を持続し、誘われた会社の製品を気に入って愛用し、勧め、組織を広めてこそ、どんどん成功者に近づいていけます。


success (2).jpg


<成功しない人、できない人とは・・・>


・簡単にお金儲けしたいという気持ちが強い
・短い期間でさっさと見切りをつけてしまう(あきらめがはやい)
・お金を稼いでどうしたいか、明確な目的がない
・「いつまでに月収●●万円稼ぐ!」という期限付きの目標を立てていない
・暴飲暴食、不摂生
・行動が3日坊主だったり、やったりやらなかったり日々の行動が気分次第
・お金がない、時間がない、気が乗らない、だるい、疲れた、アポ取りめんどくさい・・・というマイナスな発言ばかりしている。
・日々の行動計画を練ったり、毎日振り返っては翌日の対策を考えるという、PDCAサイクルをしていない。
・だらだらごろごろしている
・体重管理などの、自分の身の周り、自分に対して甘い


いかがでしょうか?

思い当たる節が多いようでしたら、今すぐネットワークビジネス成功者の考え方脳に変えて、ネットワークビジネスでも成果を出せるようにしていきたいところでしょう。


ではいよいよ、成功者の考え方の特徴や共通点について、少しお話しさせていただきますね♪


・・・とその前に!

あわせてこちらもお読みください

>>> 失敗から得た教訓(失敗談あるあるをまとめてみました♪)




ネットワークビジネスの成功者の考え方の特徴や共通点


ネットワークビジネスに限らず、世の中のありとあらゆるビジネスの成功者考え方で共通していることは、

1、将来を見据えた長期的な目標がある


発明家エジソンにしても、スティーブジョブズにしても、ビルゲイツにしても、一瞬にして成功したかといえば、そうではないですよね。

1日や1か月、3か月という短期的な目標は、将来の大きな目標からの逆算でしょう。

自分がどうありたいかという目的があり、その目的をまっとうするための長期的な目標(ビジョン)を描いて、それに向かって日々の行動計画を立てて行動することは、ネットワークビジネスの成功者の考え方でも同じでしょう。


NO.1.jpg



明日の1万円よりも10年後の1000万円に向かって行動をできる方こそ、ネットワークビジネスで成功できるんですね!!


2、周りの人がどう言おうと、確固たる信念を持って行動する


アメリカの大統領であり、資産家でもあるドナルドトランプ氏は、過去にマスコミからこんな質問をされたそうです。

「もしも無一文になったらどうしますか?」と。

その時のトランプ氏の答えは
「MLMでビジネス展開をする」だったそうです。

マスコミは一斉に大ブーイングだったようですが、トランプ氏は、
「だから、君たちはそっち側(雇われてお金に動かされる側)で、私はこっち側(事業主でお金を動かす側)なんだよ!」
と、一蹴したそうです。

20年近く前に発刊された、『金持ち父さん、貧乏父さん』のロバートキヨサキ氏もすでに当時、トランプ氏について本の中で書いていました。

周りの知り合いや友人に口コミをした時、ネットワークビジネスに対して否定的であったり、興味を持たなかったとしても、あなた自身が自分の信念で活動を地道に続けることが大事だということですね。


3、自分の生き方に肯定的で、多少のことで落ち込んだりくよくよしない


毎日がつまらない、しんどいだけ・・・
あの時もっとこうすればよかった・・・
普段からちっともいいことがない・・・

とボヤくネットワークビジネスの成功者にあったことがありますか?(笑)

成功者は自分の考え方の軸に沿っていろんな物事を判断し、それが未来につながると常に思っているので、大きな壁にぶち当たっても、くじけず、乗り越えるためにどうするか?を考えています。


口コミがうまくいかない、口下手で誘えない、時間がない、お金がかかる・・・

ネットワークビジネスの成功者も最初はそんな悩みもあったかもしれませんが、そこで逃げ出したり、あきらめたりせず、そんな時でも前向きに

「どうすれば成功者になれるのか?」

を考えていたのでしょう。

→参考記事:【衝撃的事実!】口コミが苦手な人ほど成功する!!




実績と自信!.png






4、仲間や友人のことを自分のことのように親身になって考えられる


ネットワークビジネスで失敗する人ほど、自分が稼げればそれでいいという考えだったり、誘う相手を『カモ』呼ばわりしたりします。


仲間.jpg


ネットワークビジネスは人と人を結び付けていくビジネスです。
ムリに売りつけたり、強引に誘ったり、頼み込んで製品を購入してもらうようなやり方をしても、友達や家族、知り合いからの人間としての信用を失うだけで得られるはずの報酬も得ることができません。


参考:口コミ、勧誘トラブル例をいくつか挙げてみました。

>>> 友達の信用を失いたくない方だけお読みください!



ビジネス活動をするダウンさんのために、製品を愛用してくださる愛用メンバーさんのために、行動できる人、提案、アドバイス、サポートできる人は徐々に成功者に近づいていきますね。


5、起こりうる出来事に対し、自分主導で判断をし、人のせいにしない


「○○さんがすぐに稼げるって言ったから・・・」
「絶対儲かるなんてウソばっかじゃん、詐欺だよ、サギ!!」

こんな風に文句を言ったり、ネットに書き込みしたり、SNSで投稿したりする人もいますが、「やる」と判断するのは自分です。

アップの言うことを信用したのも、友達の誘い文句に乗ったのも、最終的に決めるのは自分です。


6、自分の精神、肉体の成長のために努力と投資を惜しまない


昔はお金持ち、裕福な人ほど太っていましたが、最近は成功している人は自分の体調管理をしっかりと行う人が多く、いつまでも若々しく、健康的です。


obachan.jpg


それに成功者は、現状に満足することなく、常に学びの姿勢があり、人間性を磨くこと、知識を増やすことにどん欲です。


だらだらごろごろ、不摂生、病的、ネガティブ思考な成功者がいたら教えてください(笑)


7、失敗を恐れず、そこから得ることをすべて次に生かす経験にし後悔をしない


新しいことに挑戦するときは誰でも不安ですよね。

ネットワークビジネスを始めたときも期待よりも不安が大きかった人の方が多いと思います。

成功者と呼ばれる人も他のMLMでうまくいかなかった経験や、ほかのビジネスで失敗したことがある人も多いでしょう。

でも、「あの時もっとこうしていたらなぁ・・・」と悔やんでばかりかというとそうではなく、

「あの時はこんな風にしてうまくいかなかったから今度はこうしよう!」
「あの失敗があったからこそ今がある」
「多くの失敗から成功のアイデアが生まれる」



※こちらは実話に基づく参考記事です♪
>>> 大失敗から這い上がったSくんの失敗談



失敗は次のステップへの経験です。


8、当たり前のことを当たり前にこなす


ネットワークビジネスに限らず、成功者ほど腰が低かったり、挨拶したり、感謝の気持ちがあったり、時間にきっちりしていたりしますね。

身だしなみも昔のMLMみたいに(笑)派手なだけではなく、清潔感があります。


business.jpg


地域に貢献したり、寄付も率先したりしてする成功者も多いですね。


成功者の考え方や行動からみえてきた成功の秘訣


8つの項目に分けて成功者の考え方の特徴、共通点を見てきました。

少し読むのに疲れたのでは?(笑)

成功者の考え方というのは、成功してから身に付くものではなく、活動を始めたその日から徐々に積み重ねていくものだということも、なんとなく見えてきたのではないでしょうか?


ネットワークビジネスの仕事は、報酬だけが魅力ではなく、人間力を高める、ビジネスマインドを身につける、人生を前向きに生きる、そんな素晴らしい仕事です。


choice.jpg



ただ、成功者のいいところよりも、失敗したり、挫折した人のうわさ話やネットの書き込み、悪智恵を働かした詐欺まがいなやり方、お金の亡者のように稼ごうとする人たちがクローズアップされたり、印象に残っていたりするので、「怪しいビジネス」「うさんくさい仕事」と思われたりしています。

それに、まだまだ多くの方がねずみ講と区別することもできずにとらえていらっしゃいます。


大半の成功者は、相当な努力もしてこられています。



成功者の考え方を全部一気に身につけるのは不可能かもしれませんが、一つずつ、一歩ずつ身につけていくことで、報酬はあとからついてくるようになります。


人間力が高まれば報酬が増える。


そう言っても過言ではないでしょう。


成功者の考え方や行動から、
ネットワークビジネスの成功の秘訣は人間力を高めることと、あきらめずに前向きに、活動し続けることだとわかりますね。


あともう1つ強いて言うならば、成功者はみな、自社の製品をしっかり愛用されています。


製品を購入し、愛用するのは報酬の権利のためではなく、製品の魅力をしっかりと理解してらっしゃるからでしょう。


【まとめ】トップ5%の成功者のマネをすれば稼げる!


トップ5%の成功者も、最初は報酬0円。これは間違いありません。

生活環境は違っていても、あなたもトップ5%の成功者と同じだけの量をもつものがあります。


それは時間です。

時間は平等です。
1日24時間を成功者はどのような意識でどう使っているのか、それを少しずつでもマネしていくこと。

意識の変化が考え方の変化につながり、人間力を高めることにもつながります。


ゆとりある時間やお金を得るためにも、今の時間を効率よく自分のライフスタイルに合わせて無駄なく使って、成功者の考え方のマネをすれば、稼げるようになるでしょう!!



【限定公開】なぜインターネットを使えば着実に安定収入が稼げるのか?





20代若者向け (2).png







◆ あわせて読んでおきたい記事 ◆
>>>20代におすすめ!
年配の方相手でも足元見られずにリクルートしやすい方法!

>>>どうしても口コミが苦手な方へ・・・
口コミしないで稼ぐための2つの秘密を教えます!


Sくんのネットワークビジネス失敗談が悲惨すぎて泣ける・・・

20代、ネットワークビジネス初体験のSくんの失敗談が、「若いのによくそこまでやったな!」としか言えません。。。

ネットワークビジネス失敗談のひとつやふたつ、あなたもあるのでは??

今日お話しするのはネットワークビジネス失敗談の実話です。

話の主役のSくん、過去には散々な目に合う失敗談を持っていますが、現在はどうしているのかというと・・・


まだ懲りずに別のネットワークビジネスをやっているようです。

彼は同じあやまちを今も繰り返しているでしょうか??

いいえ、彼は今や・・・


Sくんのネットワークビジネス失敗談:きっかけは懐かしい先輩からの電話!


Sくんは地方都市に住む20代、働き始めて3年、高校の時の先輩にネットワークビジネスに誘われました。


営業の仕事をするSくんは、残業も多く、休みの日にもお客様の呼び出しがあったり、毎日仕事漬けの日々。彼女とのデートもままならないので、狭いアパートですが同棲することにしました。


そんなある日、高校の先輩からの電話。
(え、久しぶりだな~、なんの電話かな・・・?)


高校の時、その先輩はかわいがってくれてはいたけれど、学校でも有名なちょっとやんちゃな先輩だったので、気が弱かったSくんは自分を大きく見せようと、いつもその先輩にくっついて歩いていたのでした。
まさに「トラの威を借るキツネ」だったんです。(でも見た目はただのパシリだったようですが・・・)


電話に出ると、なにやら、

「おい、S!お前仕事大変なんだってな!ちょっと儲け話教えてやるから、今度の日曜日●●に来いよ。お前を助けてやるぜ、いいか、じゃあ、13時なっ!」


Sくんは期待半分、不安半分で日曜日の13時、先輩とコンビニの前で待ち合わせました。


マフィア.jpg


先輩にクルマで連れていかれたところは、古びたマンションの一室。

Sくんはなんだか不安になってきました。


え?もしかして、あなたも似たような経験があるとか???


Sくんのネットワークビジネス失敗談:親分(成功者)登場からの悲劇!?


「おい、S!お前を金持ちにしてやるからな、とりあえず今からオレに稼ぎ方を教えてくれた、すごい人が来るから、よーく話を聞くんだぜ!」

Sくんはこの時の体験を、今でも出会った方によく話すみたいです。


なんだか、想像がつきそうな話の展開ですが、現在のSくんを見ていると、悲劇だったのかな?と思ってしまいます。

というのも、この話を笑顔で楽しそうに話してくれるからです。

単なるネットワークビジネスのよくある失敗談のような流れなのに、です。
ちょっと悲劇すぎてそれからおかしくなったのでしょうか???


当時の話に戻しますね。


先輩が「すごい人」と言っていた人が現れると、いわゆるネットワークビジネスのABCが始まりました。

すごい人・・・Aさん
先輩・・・・・Bさん
Sくん・・・・Cさん(SとかCとかややこしい(笑))

で、Aさんがネットワークビジネスの魅力や取り扱う製品について話します。
そして、どうやってお金を稼ぐのかという話も。

「Sくん、携帯見せてごらん」
Aさんが言いました。


「おっ!いっぱい電話番号が入っているね!じゃあ、ア行から順番に電話かけていこうか!!」


Sくんは驚き、

「いやいやAさん、ちょっと待ってくださいよ」

と抵抗したのですが、

「Sくん、Sくんのスマホの電話帳に僕は将来のSくんの優雅な毎日が見えてるんだよ」

とAさんは言いました。

その後もAさんの後に続き、先輩も便乗して、言葉巧みにSくんを説得し、携帯の人脈リストにアポ取りをいきなりさせようとしたみたいです。




実績と自信!.png




Sくんのネットワークビジネス失敗談:断り方をミスり、まさかの借金!!


「いや、でもそんなお金すぐに用意できませんよ!」

アポ取りの電話を断り、Sくんもどう断ろうか必死に断り方を考えました。



すると先輩が、

「なぁS、お金がないからできないって言うならいいところ紹介してやるぜ、そんなお金すぐにお金貸してくれるし、今がチャンス、みんなやりたがるから必ず儲かるから、返済なんてすぐだから!!」


先が読めますね。もう・・・



・強引にアポ取りさせようとする。
・お金を借りてこさせてでも参加させる。

(先輩も消費者金融まで車でつれていくとは!!)

 ↓ ↓ ↓

・友達には怪しい、要注意人物扱いをされる
・そんな状況でダウンができるはずもなく、残ったのは大量の製品在庫と借金・・・

Sくんは先輩の言うことを断り切れずにその後も借金はどんどん増えていったそうです。


撲滅.jpg


ネットワークビジネスに誘われた時に、いやならきっぱりと言わなきゃいけませんね。。。

同じようなネットワーク失敗談をお持ちで、もうコリゴリ!
そう思っていたはずなのにあなたもまたネットワークビジネスの可能性を感じられたのでしょうか??


Sくんはネットワークビジネスの失敗談をなぜ笑顔で話してくれるのか?


Sくんは、その後、借金で首が回らなくなり、なんとかそのネットワークビジネスをやめました。


しかし、現在はまた別のネットワークビジネスの活動に励んでいるのです。



彼は、前回の失敗談があったからこそ、ネットワークビジネスの本当の稼ぎ方が理解できたと言います。


Sくんは失敗談を教訓に、活動の方法を変えました。



Sくんは周りの人によく言うそうです。

「あの時の失敗談があったからこそ、僕はここまでネットワークビジネスに真剣に取り組むことができるようになり、多くのビジネス活動をする人が気づくことがない本当の稼ぎ方がわかったんだ。」

「こんな典型的なネットワークビジネスあるある失敗談をリアルに経験したこと、それをこうやって人前で実体験として話せるんだからラッキー以外のなにものでもないよ!こんな風にリベンジすることを、予想していたかのような出来事だろ~??」


Sくんはどうやって、過去のネットワークビジネスの失敗談からのリベンジをしたか、気になるところですね。。


【衝撃!】今までの常識を覆す、Sくんも成功したその方法とは!!







20代若者向け (2).png



◆ あわせて読んでおきたい記事 ◆

>>>20代のうちにしっかりと身につけておきたい!

アキラ兄さんが教える、トップ5%の成功者の考え方!!


>>>ヤンママさんはこちらも必見!(参考リンク)

“主婦の稼ぎ方伝道師”アキラが教える、子育てママにとっておきのアドバイス♪

















20代若者向け (2).png
実績と自信!.png
team akatsuki logo.jpg
Copyright © リベンジ!ネットワークビジネス!!人脈ゼロからの成功法 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。